ヨットの指導者が亡くなりました2012/11/07

60ftヨットの能崎知文船長が八丈島の藍ヶ江港に台風避難後水死されました。大変残念なことです。ご冥福を祈ります。
写真は、ゲレンデの下田にて散骨と「偲ぶ会」が行われた追想の記録です。

AIS受信局2012/05/23

AISの受信局が日本に大変少なかったので、スポンサーを探して、AIS受信局のボランティアを募集しています。おかげさまで、日本各地に自分(東京)の受信局を含めて、現在8局程データを集めて、Webで公開されています。
なんとか、日本中の沿岸をカバーしたいと頑張っています。
ご興味があれば、ご連絡ください。

摩天楼を避けて2011/03/04

都心から東京湾を狙って立てました。
アメリカから安く輸入した、6エレメントのPDPDアンテナ。
この辺りは標高40m、アンテナは10m高ですから、なんとか受信できています。約157の電波を受けています。東京湾南は久里浜のフェリーを捕らえています!

AIS受信局が稼働してます!2011/03/04

AIS受信機とアンテナとネットワークでアテネ大学のサーバーにAISデータを自動的にアップロード、どなたでもここから見れます。

もちろんプチ商売のショップページにもほぼリアルタイムで表示しています。見てください。

http://www.ais-japan.org/

AISと国際VHFを入手!最高のコンビ2011/02/26

やっと激安のAIS(簡易型船舶自動識別装置)を入手!!
実は、なかなか普及しないので、輸入販売の商売にしてしまいました。
無線の趣味が役立ちました。この写真は、実験中ですが、東京の中野区からアンテナ(7m高)を立て、東京湾の100隻以上の信号を受信しました。
早くヨットに付けてまた報告します。
国際VHFとAISを組み合わせると最高の安全航行のコンビとなります!

安いAISはここで販売しています;
http://www.ais-japan.org/

2010年八丈クルージング(式根島)2010/07/28

式根島は綺麗なところが沢山あります。ここも秘密ですがこのように安全に船が入れます。舫いの練習にもなります。このようなクルージングにはテンダーが必要です。天候変化で脱出不可能になる可能性があるますので、天候予測はきわめて重要になります。

2010年八丈クルージング(玉石造り)2010/07/25

八丈島の中郷にある玉石造り。この里は島の南西斜面に位置しています。これで海からの風雨を防御しているようです。
これらの写真はセニョオールの撮影によるものです。

2010年八丈クルージング(神湊港)2010/07/25

6日間の航程で、KYCの行事として、小網代から八丈島・三宅島・式根島を廻ってきました。今年の黒潮はかなり北上していれ2ノット以上の強さで、かなり影響を受けました。仲間は楽しいですが、操船方法など各自の標準があるようで、たとえばこの舫い方法も自分とは違うのですが、、
ミジップのクリートを使ってるので、場所が狭い場合はいいかもしれませんね。でも船の振れ回りには弱いと思います。皆さんはどう思いますか?